ビルゲイツ、アメリカで最も農地を所有する人物になる なぜそんなに農地を買い込むのかの理由は不明

1: 風吹けば名無し 2021/04/11(日) 01:53:11.47 ID:xFUHX2250
ビル・ゲイツが“アメリカで最も農地を所有する人物”になる

東京23区の約1.5倍の広さの農地を所有

ここ数年、「Amazon(アマゾン)」の創業者 Jeff Bezos(ジェフ・ベゾス)や
電気自動車メーカー「Tesla(テスラ)」の最高経営責任者 Elon Musk(イーロン・マスク)
の後塵を拝しているが、長らく“世界一の富豪”だった「Microsoft(マイクロソフト)」の共同創業者 Bill Gates(ビル・ゲイツ)。
そんな彼の称号は今、“世界一の富豪”から“アメリカで最も農地を所有する人物”となったようだ。

Bill Gatesは現在19州に農地を所有しており、その合計はなんと東京23区の約1.5倍の広さにあたる24万2,000エーカー(約980平方km)。
最大のものはルイジアナ州とアーカンソー州にある11万6,998エーカー(約480平方km)の農地で、
最近はワシントン州の14,500エーカー(約60平方km、
狭く感じるかもしれないが山手線内側と同じ広さ)の農地を1億7,100万ドル(約177億9,000万円)で購入したという。

彼が一体何のために農地を購入しているかは不明

https://hypebeast.com/jp/2021/1/bill-gates-largest-american-farmland-owner-news